越後妻有・大地の芸術祭2018〈黄金の遊戯場〉

2015年夏の作品から展示スペースを広げ、内容を更に洗練させ発表。
豪華なシャンデリアや神々が集う麻雀卓はもちろん、妻有の虫達の格闘場や妻有仕様のスロット、夜な夜な動き出しそうな人形達や財宝が所狭しと遊戯場に集う。
会期中は作品内で参加者が神々に成り代わり麻雀を楽しんだり、黄金の指輪作りや虫の格闘技など様々なワークショップが開催された。



10.22・23 松代農舞台にて作品に触れるワークショップを行いました
まつだい「農舞台」ギャラリー秋企画展「豊福亮「黄金の遊戯場2018計画」展」が始まります
いちはらアート×ミックス2017・イチマルが4月8日(土)から始まりました
瀬戸内ひろいもののうみー2014